疲労回復

亜鉛で疲労回復
疲労回復効果といえば、すっぱい味を作る物質の『クエン酸』が有名ですが、亜鉛にも疲労回復を助ける働きがあります。
実際、亜鉛を積極的に摂取し続けた方やサプリを飲んでいる方から
「疲れにくくなった」「朝起きるとスッキリしている」などの声があがっています。

 

この効果が起きるメカニズムには、成長ホルモンと亜鉛の関係があります。私たちは寝ている間に成長ホルモンを分泌し、細胞などの修復活動が行われています。成長期に成長ホルモンの分泌は盛んになりますが、成人すると分泌量は減っていきます。また、睡眠不足になっていると、さらに成長ホルモンが十分に分泌されなくなります。

 

成長ホルモンが十分に分泌されることで日中に傷ついた細胞が修復されるので、前日の疲労を回復します。亜鉛には成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、疲労回復効果があると考えられています。その促進率については、なんと40%とされています。

 

ちなみに成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯は、いわゆる”ゴールデンタイム”です。夜10時から深夜2時の間がもっとも成長ホルモンの分泌が増えるので、この時間帯に眠りについているのがベストです。

 

また、クエン酸やビタミンB1なども疲労回復に有効性があります。
クエン酸・ビタミン類は亜鉛とも相性がよく、亜鉛の吸収を助ける働きがあるので一緒に摂ると、高い効果に期待できます。